野村証券、子会社ジョインベストを吸収。新サービス名称は「野村ジョイ」 手数料を値上げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野村ホールディングスが、100%子会社でインターネット専業のジョインベスト証券と野村証券を11月23日付で合併すると発表しました。

ジョインベスト証券は解散し、提供している商品・サービスは基本的に野村証券の新しいネットサービス「野村ジョイ」として引き継がれます。

基本的にジョインベスト証券のサービスは「野村ジョイ」に引き継がれますが、野村ジョイへ移行する際に大きな変更点があります↓

  1. 株式手数料の大幅な値上げ
  2. 投資信託の取扱銘柄の数が64に減少
  3. 野村證券とジョインベスト証券の両方で特定口座を開設している個人投資家は、片方の特定口座を閉鎖しなければならない。
  4. ウェブサイトのURLが変更となります。新URLはwww.nomurajoy.jpです。

他にも細かい変更点はありますが、大きな変更点は上記の四つです。

上記のように大きく変わる部分もありますが、下記のサービスは野村ジョイになっても無料で利用可能です。

  1. ジョインベスト・エクスプレス(PC)
  2. モバイル・エクスプレス(Windows Mobile版)
  3. ウォッチリスト
  4. 詳細リアルチャート

さて、それでは、個人投資家が一番気になると思われる、ジョインベスト証券と野村ジョイの株式手数料を比較してみましょう。

株式手数料比較表を作成しました↓

▼野村ジョイとジョインベスト証券の株式手数料比較表

▼1注文ごとの約定代金に対して手数料が決まる「そのつどプラン」 (現物取引)

野村ジョイの手数料
(11月24日より)
ジョインベスト証券の手数料
(11月23日まで)
~10万円 500円 100円
~20万円 200円
~30万円 300円
~50万円 400円
~100万円 1,000円 750円
~150万円 2,000円 900円
~200万円 1,500円
~300万円 3,000円 1,500円
~500万円 5,000円 2,000円
~1,000万円 10,000円 3,000円
1,000万円超 その後300万円増すごとに
+2,520円
一律3,500円
5,000万円超  一律75,000円

▼1日を通しての合計約定代金に対して手数料が決まる「まとめてプラン」 (現物取引)














































「まとめてプラン」
1日の約定代金合計 野村ジョイの手数料
(11月24日より)
ジョインベスト証券の手数料
(11月23日まで)
~10万円 2,500円 100円
~20万円 200円
~30万円 300円
~50万円 450円
~100万円 800円
~200万円 1220円
~300万円 1660円
以降300万円増すごとに
+2,520円
以降100万円増すごとに+420円

以下、ジョインベスト証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

野村證券との統合に関する重要なお知らせ

かねてより検討を進めてまいりました野村證券との統合(2009年1月27日発表)につきまして、ジョインベスト証券株式会社は、2009年11月23日(月・祝)をもちまして野村證券株式会社と統合し、野村證券のダイレクトサービスである「野村ジョイ」として新たにスタートすることといたしました。引き続きご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

以下に、統合の概要および統合後のお取扱い等をご案内いたします。ご確認くださいますようお願い申し上げます。

お客様には、いくつかのお手続きやお取引の変更等をお願いすることになり、ご不便やご面倒をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

▼統合の概要

■統合日 2009年(平成21年)11月23日(月・祝)
■存続会社名 野村證券株式会社www.nomura.co.jp
■新サービス名称
野村ジョイ

■新URL
11月23日(月・祝)オープン

PCサイト
www.nomurajoy.jp

モバイルサイト
mobile.nomurajoy.jp

▼統合後のお取扱い/必要なお手続き

統合後のお取扱いおよび必要なお手続きについては以下のとおりです。

ご注意ください~ ジョインベスト証券・野村證券両社に特定口座をお持ちのお客様 ~

ジョインベスト証券・野村證券両社に特定口座をお持ちの場合は、両社の特定口座にある上場株式等をいずれか一方に移管・集約し、他方を廃止する等のお手続きをお願い申し上げます。

誠にお手数ではございますが、野村證券から郵送(2009年9月25日発送予定)されます「特定口座の取扱指定書」を、同封の返信用封筒にて2009年10月30日(金)必着で、ご返送ください。

期日までにご返送がない場合には、特定口座の廃止や一部お取引の制限等が発生することがありますので、2.野村證券に口座をお持ちのお客様についてを必ずご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

ご面倒をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
2.野村證券に口座をお持ちのお客様について

▼すでにジョインベスト証券に口座をお持ちのお客様
























  統合後のお取扱い/必要なお手続き
お取引口座・

お預り資産

お取引口座の登録情報やお預り資産(各商品の建玉残高含む)は、自動的に「野村ジョイ」口座へ移管されます。

ジョインベスト証券のみに口座をお持ちの場合は、原則としてお手続きは必要ございません。

ただし、ジョインベスト証券と野村證券の両社に特定口座をお持ちの場合は、お手続きをお願いしております。

2.野村證券に口座をお持ちのお客様について

部店・口座番号・

ログインID/パスワード

変更ございません。

現在ご利用のものがそのまま「野村ジョイ」口座に引き継がれ、継続してご利用いただけます。

取扱商品/取引/

投資ツール/サービス等

以下の点を除き、大きな変更はございません。


  1. (1)投資信託/投信積立の取扱銘柄や手数料等の変更

    詳細はPDF資料「3.投資信託の取扱いについて」をご確認ください。
  2. (2)2009年11月24日約定分より株式の現物取引と信用取引の手数料の変更

    詳細はPDF資料「4.取扱商品・手数料等について」をご確認ください。
  3. (3)統合日をまたぐご注文の一部受注期限制限、統合に伴うシステム切替による制限等

    ※詳細については後日お知らせいたします。
  4. (4)「モバイル・エクスプレス(携帯アプリ版)」「モバイルFXアプリ」の再ダウンロード

    「Myリンク(マイメニュー、銘柄メモなど)」など、一部ツールの再設定・再登録

    ※詳細については後日お知らせいたします。

※「ジョインベスト・エクスプレス(PC)」「モバイル・エクスプレス(WindowsMobile版)」「ウォッチリスト」「詳細リアルチャート」の登録情報等は引き継がれそのままご利用いただけます。

お問合せ先

変更ございません。統合後も、現在のフリーダイヤルがそのままご利用いただけます。

▼これからジョインベスト証券に口座を開設されるお客様

これから新規に開設いただく証券総合取引口座の上場株式等残高は、統合日に「野村ジョイ」口座に自動的に移管されます。

ただし、本申込で特定口座をご指定いただいたお客様で、すでに野村證券に特定口座をお持ちの場合(または統合日までに野村證券に特定口座を開設された場合)は、両社の特定口座にある上場株式等をいずれか一方に移管・集約し、他方を廃止する等のお手続きをお願いしております。

2.野村證券に口座をお持ちのお客様について

▼投資信託/投信積立の取扱変更について

投資信託・投信積立の取扱銘柄や手数料等が変更となります。主な変更点は以下のとおりです。

(1)投資信託の一部銘柄について、2009年11月9日(月)をもちまして新規買付およびスイッチングの注文受付を終了いたします。
(買付停止となる銘柄は、買付停止後及び統合後においてもご売却は引続き可能です)
(2)買付停止銘柄の投信積立も同様に、11月9日が最終買付日となります。
(3)統合後の11月24日約定分から買付手数料が変更となる銘柄がございます。
(4)投資信託の出庫手数料については、口座振替依頼書の2009年9月24日(木)到着分から無料といたします。

~~~以上、ジョインベスト証券のウェブサイトからの抜粋~~~

11月24日から株式売買手数料が大幅に値上がりするので、ジョインベスト証券から他のネット証券会社に移る個人投資家が多数出てくることでしょう。

個人投資家で手数料が安い証券会社を探している方は、私が作成した下記リンク先の「ネット証券 手数料比較表」「一日定額制 手数料比較表」をクリックして下さい。

手数料が安い証券会社を探しやすいと思います。

▼関連記事

ネット証券 手数料比較表

一日定額制 手数料比較表

ネット証券、口座開設キャンペーン一覧

FX会社 & 証券会社、現金プレゼントキャンペーン比較表

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする