エイチ・エス証券、「スマ株」をバージョンアップ。指標・ランキング・ニュースが追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エイチ・エス証券のユーザーはパソコンだけでなく、携帯電話で株取引ができます。

特にスマートフォンには「スマ株」という株取引専用アプリがあるので、便利です。「スマ株」はiPhoneでもAndroid搭載のスマートフォンでも、どちらでも利用可能です。

スマ株は、パソコンがなくても株式取引がスムーズに行えるようにリアルタイム入金や電子交付サービス、過去の取引履歴の閲覧などの機能が備わっています。なので、移動中や外出先などパソコンが利用できない環境でも一連の動作を完結することができます。

スマ株には板画面から直接株取引の注文ができる「板発注」機能も備わっています。

スマ株の利用料は無料です。ちなみに、スマ株はログインしていなくても無料で毎日新聞社のニュース速報を見ることができます。

さて、このスマ株ですが、Android版が2012年10月22日に、iPhone版が2012年10月28日にそれぞれ最新版にバージョンアップしました。

バージョアンアップの主な内容は下記のようになっています。

  1. 国内外指数と為替・ランキング・ニュース追加
  2. メニュー・アイコンデザイン改良
  3. Android 画面サイズの最適化表示
  4. 「スマ株」アプリのみで信用口座の開設が可能
  5. 銘柄検索機能・情報の改善
  6. iPhone5 ( iOS6 )対応

いろいろと改善点はあるのですが、「Android端末で画面サイズの最適化表示」ができるようになったことと、「国内外指数と為替・ランキング・ニュース追加」はよい改善点だと思います。

国内外指数と為替・ランキング・ニュースが追加されたことで、スマ株はログイン後の画面で、日経QUICKニュースを読むことができるようになりました。

ちなみに、このスマ株はジャスダック上場のインデックス社が開発しています。

以下、エイチ・エス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~

スマートフォン向け株式取引アプリ「スマ株」 10月22日よりバージョンアップ

hs_sec_smakabu_version_up_20121028_03.gif

日経平均などの国内指数や為替を含む海外指数が充実。

主要国の株価指数に加え、VIX指数や日米の長期金利まで幅広くカバーし、世界の動きを確認できます。

hs_sec_smakabu_version_up_20121028_04.gif

国内指標 日経平均、TOPIX、JASDAQインデックス、東証マザーズ指数、日経225先物、日本国債10年
(日本国債10年を除いた上記5種類はチャート閲覧も可能)  
海外指標 NYダウ、NASDAQ、WTI原油、NYMEX金先物、VIX指数
上海総合、独DAX30、仏CAC40、ロシアRTS指数、ムンバイSENSEX30、米国債10年
為替 米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、トルコリラ、ブラジルレアル、人民元、香港ドル
シンガポールドル、ロシアルーブル、インドルピー、南アフリカランド
ランキング 株価値上がり率、株価値下がり率、売買高上位、売買代金上位
ニュース 日経QUICKニュース
ジャンル: 国内株式、為替、米国市況

hs_sec_smakabu_version_up_20121028_05.gif

3種類のメニュー画面が選べるようになります。

hs_sec_smakabu_version_up_20121028_06.gif

hs_sec_smakabu_version_up_20121028_07.gif

Androidの様々な機種に対応するため、その機種にあった画面サイズに表示を最適化します。

(例) GALAXY Note SC-05D 画面サイズ 約5.3インチ

hs_sec_smakabu_version_up_20121028_08.gif

hs_sec_smakabu_version_up_20121028_09.gif

スマ株からの操作だけで、信用口座の開設が可能になりました。

hs_sec_smakabu_version_up_20121028_10.gif

hs_sec_smakabu_version_up_20121028_11.gif

夕方の時間帯でも株価表示・銘柄検索ができる点や、前日比の株価表記を改善しました。
また、チャートがより見やすくなりました。

~~エイチ・エス証券のウェブサイトからの抜粋~~

ちなみに、スマートフォンを持っておらず、通常の携帯電話を持っている人は、エイチ・エス証券で「モバ株」という携帯電話向け株取引画面を使って、株取引を行うことが可能になっています。

▼関連記事

エイチ・エス証券のメリットとは

▼iPhone用のトレードツール

▼Android用のトレードツール

▼iPad用のトレードツール

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする