岡三オンライン証券、Excelを使った自動売買ツールを6月に提供開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡三オンライン証券には岡三RSSというツールがあります。岡三RSSは、Excelと組み合わせて使用するアドインツールです。

岡三RSSを使うと、株価情報や日経225先物情報などをリアルタイムで取得してExcel上に表示するだけでなく、情報の加工や発注まで行えるため、システムトレードへの応用も可能となります。

岡三オンライン証券が6月1日に、岡三RSSの自動発注版をリリースすると発表しました。これまで岡三RSSによる日本株取引では発注時に確認画面が表示されていましたが、6月1日にリリース予定の「岡三RSS(完全自動発注版)」では確認画面を省略する機能が実装されます。

以下、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋です。

2010年04月16日
岡三オンライン証券株式会社

ネット専業証券初!完全自動発注ツール正式リリースのお知らせ ~ 岡三RSS完全自動発注版リリースとモニター募集について ~

岡三オンライン証券株式会社(所在地:東京都中央区、取締役社長:池田嘉宏)は、ネット専業証券初となる、Excel(R)を使った完全自動発注ツール『岡三RSS(完全自動発注版)※』を本年6月1日(火)に正式リリースいたしますので、お知らせします。
1.よりスピーディーな発注機能

岡三RSSは、当社が提供するトレーディングツール「岡三ネットトレーダーシリーズ」のひとつです。今回リリースする『岡三RSS(完全自動発注版) 』は、発注時にお客様が画面上のボタンをクリックする確認操作を省略でき、ネット専業証券として初めてExcel(R)による完全自動発注が可能となる画期的ツールです。

確認操作の省略により、従来、数秒を要していた確認操作による発注時間が、ミリ秒単位まで大幅短縮することが可能となります。これにより、スピードが要求される東証arrowheadをはじめとする、次世代売買システム時代における投資家の皆様の新たな投資手法にお応えすることが可能となります。

また、今回の『岡三RSS(完全自動発注版) 』では、Excel(R)を使った柔軟な自動売買が可能な岡三RSSの特長を活かしつつ、「空売り等の不公正取引に繋がる売買の防止機能」、「誤発注の防止機能」等の法令遵守事項についても、システム的な機能拡張を行っており、よりアクティブなシステムトレードをサポートしております。

※岡三RSSは、Excelシートから日本株取引と先物オプション取引の発注や銘柄情報照会が行える、当社独自のトレーディングツールです。

2.ご体感モニターの募集

岡三RSS(完全自動発注版)の正式リリースの6月1日(火)に先立ちまして、いち早く完全自動発注版を体感したいという投資家の皆様向けに、4月16日(金)より事前モニターを300名募集いたします。ご応募方法などにつきましては当社ホームページをご覧ください。

3.投資家の皆様の投資力向上を目指し

当社で信用取引を行うお客様の日々の売買損益が、2月17日から4月15日まで41日間連続プラス(利益)となりました。これは、信用取引を行う多くのお客様が利用される「岡三ネットトレーダーシリーズ」の機能性の高さが大きく貢献したものと考えており、「業界最高水準の投資環境の提供」というお客様志向に基づいた当社コンセプトを裏付ける結果であると受け止めております。

今回リリースする『岡三RSS(完全自動発注版) 』も、同じシステム基盤で稼動するものであり、投資家の皆様の投資力向上に大きく寄与するものと考えております。

岡三オンライン証券は、今後とも投資家の皆さまへの価値あるサービスの提供に努めてまいります。

システムトレードに興味がある方は、岡三オンライン証券のウェブサイトで岡三RSSのことをチェックしてみては、いかがでしょうか。

なお、岡三RSSは初回の利用申込時は、90日間無料で利用可能となっています。

▼関連記事

マーケットスピードVer9.0」のフル板を使っての感想

「マーケットスピードのフル板」と「マネックスのフル板情報ツール」の機能比較表

マネックスの「フル板情報ツール」の使い方の解説

マーケットスピード、利用料値下げ&無料利用条件が緩和

「マーケットスピードVer9.0」が2010年1月3日リリース 東証のarrowheadに対応

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする