東証、ライブドア関連会社の上場廃止の可能性には言及せず

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月24日朝、ロイターが「ライブドアのグループ各社の上場廃止も視野に入ってきた。」と報じました。
しかし、東証は今のところグループ各社の上場廃止には言及しないと発表しました。
以下、東証のウェブサイトです。

ライブドアグループ会社株式の上場廃止の可能性に関する一部報道について 2006/1/24
本日、一部報道において、ライブドア株式及びライブドアマーケティング株式のほか、「その他のグループ各社も上場廃止基準に触れる可能性がある」旨が伝えられておりましたが、当取引所が、上場廃止のおそれがある銘柄として「監理ポスト」に割り当てているのは、それらの内、ライブドア株式及びライブドアマーケティング株式のみであり、「その他のグループ会社」株式の上場廃止の可能性については、一切、言及しておりませんことをお知らせいたします。

監理ポストに入った、ライブドアとライブドアマーケティングは24日もストップ安売り気配となりました。
なお、下記のライブドア関連銘柄は、投機的な値動きとなっています。
■ライブドアグループ関連銘柄
ライブドアオート・・・旧ジャックホールディングス。全国展開の中古車買い取り大手。大型展示場で小売りも。ライブドアの資本参加で傘下入り。が、社名の変更を検討中。
ターボリナックス・・・LinuxOSやアプリケーションを開発、販売、サポート。ライブドア傘下。が、本社機能を東京・六本木ヒルズから渋谷に移転すると発表。
メディアエクスチェンジ・・・企業向けのデータセンター運営やネット接続サービスが主力。ライブドア傘下。
セシール・・・衣料・生活関連のカタログ通販大手。インナーに強み。ライブドアマーケティング傘下で再建の予定だった。
ダイナシティ・・・都心で単身・DINKS世帯向けマンション分譲。ダイナシティは、昨年12月にライブドアグループと資本・事業提携し、中山豊社長が所有する全株式をライブドアファイナンスに売却した。
さらに、2005年1月6日、取締役会を開き、宮内亮治ライブドア取締役を新社長に迎える人事を内定した。またライブドアから堀江貴文社長ら5人が社外取締役に就任、取締役会の過半数を押さえ、2月7日の臨時株主総会後に正式決定するはずだった。しかし、宮内氏は逮捕。臨時株主総会も延期された。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする