松井証券、信用取引・日経225先物取引の口座設定約諾書を電子化 口座開設で書類のやり取りが不要に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松井証券が「信用取引の口座開設時や日経225先物取引の口座開設時に、書面で郵送していた口座設定約諾書」を6月6日から電子化しました。

今までは信用取引口座や先物取引口座開設時に、口座設定約諾書を郵送しなければなりませんでしたが、6月6日からはその必要がなくなりました。

以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

信用取引/先物・オプション取引の追加口座開設が最短即日で可能となります

2009年6月1日

松井証券では、6月6日(土)のシステムメンテナンス後より、「信用取引」「先物・オプション取引」の追加口座開設時などに郵送で行っていた「口座設定約諾書」の差入れ手続きを電子化します。

「口座設定約諾書」電子化のメリット

まだ信用取引口座、先物・オプション取引口座をお持ちでないお客様

ネットストック会員画面上で全ての手続きが完了するため、「信用取引」「先物・オプション取引」の追加口座開設手続きが最短即日で完了するなど、口座開設時にかかる期間が飛躍的に短縮します。

ネット証券業界では下記の会社が、信用取引口座や日経225先物口座の口座開設約諾書を電子化しています。

  1. 楽天証券
  2. 岡三オンライン証券
  3. ジョインベスト証券
  4. SBI証券
  5. カブドットコム証券
  6. クリック証券
  7. マネックス証券

松井証券は8社目です。

口座設定約諾書の電子化で、書類の手書きや郵送の手間がなくなる上に、信用取引口座開設時に必要だった4000円の印紙税も必要がなくなるわけですから、他の証券会社も追随してもらいたいものです。

▼関連記事

信用取引口座開設の際に収入印紙代が無料な証券会社

楽天証券、信用取引・日経225先物取引の口座設定約諾書を電子化 口座開設で書類のやり取りが不要に

ジョインベスト証券、信用取引・日経225先物取引の口座設定約諾書を電子化 口座開設で書類のやり取りが不要に

カブドットコム、信用取引・日経225先物取引の口座設定約諾書を電子化 4000円の印紙税が不要に

クリック証券、信用取引・日経225先物取引の口座開設約諾書を電子化 4000円の印紙税が不要に

SBI証券、信用取引・日経225先物取引の口座設定約諾書を電子化 口座開設で書類のやり取りが不要に

マネックス、信用取引・日経225先物取引の口座設定約諾書を電子化 口座開設で書類のやり取りが不要に

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225ミニとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする