マネックス・ビーンズ・ホールディングスの松本大社長がライブドア株の代用有価証券掛目についてコメントを発表 【与謝野金融担当相の発言に関して】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月19日、与謝野馨経済財政・金融担当相が、マネックス証券がライブドア株の信用取引での担保価値をゼロにすると17日に投資家に通知したことについて「投資家にとって困惑の極み」と批判をしました。
これに対して、マネックス証券株式会社・代表取締役社長CEO 松本 大氏が自社のウェブサイトにコメントを発表しました。
 与謝野金融担当相の発言に関して
このコメントの中で、松本社長は、「当社は、株式市場の重要な担い手の一つである証券会社として、また上場企業であるマネックス・ビーンズ・ホールディングス株式会社の100%子会社として、その株主価値を守る責務がある」ので、担保掛目を下げることは、経営の選択肢の一つであると述べています。
また、「当社のお客様である個人投資家の利益を守る為に、早期の注意喚起を行うことは、証券会社としての責務だと考えております。」とも述べています。
これらの発言を見るに、マネックス証券は信用取引ユーザーに冷淡な証券会社であると思われます。倒産したわけでもないのに、持ち株の担保評価をいきなり「ゼロ」とされることがあるのなら、投資家は安心して信用取引をすることはできません。
しかし、現物取引のみの投資家から見れば、マネックス証券はいい投資家でしょうね。マネックスの今回の行動を見る限り、マネックスが経営破たんするリスクはほとんどなさそうです。現物株なら安心して預けることができそう。
信用取引ユーザーは他の証券会社に移って、現物オンリーな投資家はマネックスにすればいいでしょう。
あと、「なお、当社による5銘柄の代用有価証券掛目の引き下げと、ここ数日間の市場全体の株価変動との間には、因果関係があるとは考えておりません。」というコメントは余計ですね。個人投資家の反感を買うので、経営戦略の観点から見てうまくありません。
■参考記事

ライブドア株、信用取引での担保除外に「困惑」・金融相
与謝野馨経済財政・金融担当相は19日の閣議後の記者会見で、マネックス証券がライブドア株の信用取引での担保価値をゼロにすると17日に投資家に通知したことについて「投資家にとって困惑の極み」との見方を示した。同社の措置が「市場の混乱に拍車をかけたとの疑いを(投資家が)持つことは当然だ」と述べ、東京証券取引所の売買全面停止の一因に担保価値の引き下げ問題があると、暗に批判した。
 金融相は「事態が落ち着いてから市場関係者で議論がなされることを期待している」として、証券界が信用取引の担保価値の設定などのルール作りに取り組むべきだとの考えを示した。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする