ライブスター証券、日経225先物取引の必要証拠金率を引き下げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブスター証券が2011年11月14日から、日経225先物取引日経225ミニの必要証拠金率を引き下げると発表しました。

11月13日までは日経225先物の取引を行うのに、「SPAN×1.4倍」の証拠金が必要となっています。11月14日のナイト・セッションからは「SPAN×1.1倍」の証拠金が必要となります。

以下、ライブスター証券のウェブサイトからの抜粋です。

11/11/10

【重要】SPAN証拠金に対する掛け目の再変更および必要証拠金額の再通知(11/14より new!

平素はライブスター証券をお引き立て賜り、誠にありがとうございます。

SPAN証拠金に対する掛け目の変更に伴い、必要証拠金額が下記の通りとなりますので、ご連絡いたします。

1. SPAN証拠金に対する掛け目の変更

現在 140%  ⇒  変更後 110%

適用日

2011年11月14日(月)の日中取引終了後の夜間立会(16:15注文受付分)より

2. 必要証拠金額の適用

上記SPANに対する掛け目の変更に伴い、必要証拠金額が適用日より下記の通りとなります。

 現在)  SPAN(270,000円)×140%=378,000円

 適用後) SPAN(390,000円)×110%=429,000円

適用日
2011年11月14日の日中取引終了後の夜間立会(16:15注文受付分)より

なお、ライブスター証券が必要証拠金を引き下げるので、後日、当サイトの「日経225先物取引手数料比較表」と「日経225mini手数料比較表」を更新する予定です。

▼関連記事

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする