楽天証券、マーケットスピード「バージョン12.6」を6月28日にリリース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券にはマーケットスピードという株取引と日経225先物取引に対応したトレーディングツールがあります。

マーケットスピードはジェイコム20億男B・N・F氏が愛用しているトレーディングソフトとして有名です。

また、資産100億円トレーダーcis氏もマーケットスピードを利用しています。

さて、楽天証券がトレーディングツールマーケットスピードの最新版であるバージョン12.6を、2014年6月28日にリリースすると発表しました。

今回のバージョンアップでは、東証における「呼値の単位の段階的な適正化」(小数値株価:7月22日実施)に対応するほか、歩み値の取得機能が改善されます。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~

マーケットスピード バージョン12.6(6月28日リリース)~株価小数値表示対応~

marketspeed_ver126_20140628_001.jpg

弊社のトレーディングツール「マーケットスピード」を、2014年6月28日(土)夕方頃(予定)にバージョンアップいたします。 今回のバージョンアップでは、東証における「呼値の単位の段階的な適正化」(小数値株価(※):7月22日(火)予定)に対応するほか、歩み値の取得機能を改善いたしました。

本対応に伴い、マーケットスピードおよびiSPEEDの過去バージョンのサポートを終了する予定です。

7月14日(月)以降は旧バージョン(Ver12.3、12.4、12.50、12.51)をご利用いただけなくなります。

サポート終了の詳細は下記のお知らせをご確認ください。

【重要】株価小数値表示対応に伴うマーケットスピード及びiSPEED過去バージョンサポート終了のお知らせ

【重要】マーケットスピード最新バージョン自動ダウンロードのお知らせ

※小数値株価・・・小数点第1位まで株価を表示

▼東証における「呼値の単位の段階的な適正化」(小数値株価:7月22日(火)予定)

7月22日(火)から、東証は「TOPIX100」構成銘柄の呼値の単位を縮小いたします。
それに伴いマーケットスピードVer12.6より株価の小数値表示に対応いたします。

marketspeed_ver126_20140628_002.gif

「TOPIX100」構成銘柄にかかる注文の場合、小数点を含む価格での発注が可能です。

また、各銘柄の呼値を注文画面に表示でき、呼値の刻みをご確認いただけます。

▼歩み値の取得機能改善

マーケットスピードVer12.6から、歩み値を取得できる本数が変更できるようになりました。

従来、歩み値の数量が多い銘柄の場合、データの取込みに時間がかかり、表示速度が遅くなるケースがございました。

今回の改善により、お客様がお使いのパソコンの仕様にあった歩み値の表示本数を選択していただけます。

marketspeed_ver126_20140628_003.gif

marketspeed_ver126_20140628_004.gif

環境設定にて「1000」、「2000」、「5000」、「無制限」の4種類からお選びいただけます。
デフォルト設定では1000本の表示となっております。

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

さて、当サイトでは、過去に「東証、2014年7月に一部の銘柄で「株価10銭刻み」を導入」という記事を配信したことがあります。

「東京証券取引所が、株価の刻み幅(呼値)を縮小するスケジュールを発表し、2014年7月には現在1円の最小単位が、10銭や50銭に変わる銘柄が出てくる」という旨の記事でした。

2014年6月28日にリリースされるマーケットスピードの最新版は、この呼値の縮小に対応しているわけです。

なお、2014年7月22日以降の「TOPIX100構成銘柄の呼値」については、下記リンク先の松井証券のウェブサイトに載っている表がわかりやすいです。

呼値の単位、TOPIX100構成銘柄一覧

▼関連記事

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

マーケットスピードの無料利用条件の解説

楽天証券において米国株式が1株から購入可能になりました【2013年11月25日より】

楽天証券の米国株取引において日本円で直接売買が可能になりました【2013年11月25日より】

楽天証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

楽天証券のユーザーが167万人超え 【5月に証券取引システムをアップグレード】

楽天証券、2014年7月1日から「国内商品先物取引」の取扱いを開始

楽天証券、投資情報に「Longine(ロンジン)」の決算速報を追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする