マーケットスピードのフル板、利用料値下げ & 無料条件緩和

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券にはマーケットスピードという株取引と日経225先物取引とFXに対応したトレーディングツールがあります。

マーケットスピードはジェイコム20億男B・N・F氏が愛用しているトレーディングソフトとして有名です。

また、資産50億円トレーダーのcis氏もマーケットスピードを利用しています。

このマーケットスピードですが、通常の利用料金とは別料金を払うことで、8本を超える全ての板情報を見ることが可能になっています。

2009年まで機関投資家など証券会社勤務の人しか見ることができなかった全部の板情報(通称:フル板)を、個人投資家でも見ることが可能になりました。

さて、楽天証券がマーケットスピードのフル板機能の無料利用条件を、7月17日から緩和すると発表しました。今までは「月に50回以上の株取引でフル板機能が無料」という条件がありました。

これに加え、7月17日からは「信用建玉残高200万円以上でその翌日から翌月末までのご利用が無料」という無料条件が追加されます。どちから1項目の条件を満たせば無料となります。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7月17日(土)フル板の無料条件緩和のお知らせ

7月17日(土)から「マーケットスピード」の有料サービス「フル板」の無料条件を緩和します。

フル板とは

これまで、証券会社などでしか見ることができなかった全板情報(現在値、売り買い気配値、引け条件付き注文、 売買高、売買代金)を個人投資家向けにリアルタイムで表示することが可能になり、一歩先を行くトレーディング 環境を実現することができます。

▼「フル板」ご利用料金&無料条件

フル板 変更後(7月17日~) 変更前
ご利用料金 1ヵ月あたり2,100円(税込) 【変更はございません】 1ヵ月あたり2,100円(税込)

無料条件

少なくとも1項目満たせば無料でご利用可能です。

1・当月(約定日ベース)に国内株式(PTS取引含む)の約定が50回以上で、その翌日から翌月末までのご利用が無料 【変更はございません】

2・信用建玉残高200万円以上でその翌日から翌月末までのご利用が無料

当月(約定日ベース)に国内株式(PTS取引含む)の約定が50回以上で、その翌日から翌月末までのご利用が無料

≪無料条件1の注意事項≫

当日の注文において、1つの注文が分かれて約定した場合は、約定回数は1回としてカウントいたします。


1取引の約定代金が1,000円以下の場合は、回数にカウントされません。


月末最終営業日のPTS取引の約定回数は翌月の約定回数としてカウントいたします。


約定回数のカウントは、15時からのシステムメンテナンス終了後に当日の約定実績を反映いたします。国内株式の取引時間中に無料条件を達成なされても、無料でのお申込みは15時からのシステムメンテナンス終了後(17:15頃)となりますのでご注意ください。

≪無料条件2の注意事項≫
はじめてフル板を利用する場合


引け後の信用残高200万円以上を達成した翌営業日中に利用申込いただくことが条件となります。

※ お申込みは達成された翌営業日にお手続きくださいますようお願いいたします。
フル板を再利用、継続利用する場合

※ 引け後の信用残高200万円以上を達成した翌営業日から翌月末までのご利用が可能です。(利用申込不要)

≪無料条件1,2の共通注意事項≫

一度「フル板」をご利用いただきますと、次回以降に無料条件を達成なさると達成された翌日から翌月末まで申請不要でご利用可能になります。

※ 有料でのお申込みは、ご利用申請時に利用料金相当額の預り金またはMRF残高が必要です。


マーケットスピードのご利用料金とは別にかかります。マーケットスピードの無料条件はこちらよりご確認ください。無料判定条件を満たした場合、利用料が「無料」と表示されます。

当日の約定回数が反映される前など、手続きの時間によっては、利用料が「2,100円」と表示されます。有料申請した場合、その後に無料条件を満たしても利用料は返金されませんのでご注意ください。

~~~ 以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋 ~~~

▼関連記事

マーケットスピードVer9.0」のフル板を使っての感想

「マーケットスピードのフル板」と「マネックスのフル板情報ツール」の機能比較表

マネックスの「フル板情報ツール」の使い方の解説

マーケットスピード、利用料値下げ&無料利用条件が緩和

FX会社 & 証券会社、現金プレゼントキャンペーン比較表

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

楽天証券、ワンショットコースの株式手数料を 値下げ SBI証券に対抗

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする