ジェイコム男BNF氏はマツダ株や日野自動車株に興味を持っている 【2008.12.26発売の週刊FRIDAYより】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイコム男BNF氏のインタビュー記事が、12月26日発売の「週刊FRIDAY 1月9・16日号」に掲載されました。

この雑誌を購入したので、記事の内容の紹介をします↓

FRIDAY 1月9・16日号 80~81ページ

【夢を掴めッ!】“株のカリスマ”B・N・F氏からFXの4億円脱税主婦、競馬のほしのあきまで

【一攫千金!】「《’09年》【ガッポリ】カネ儲けの秘策を【8人のプロが】伝授!」

以下、フライデーの記事から、BNF氏の発言録の抜粋です。

  1. (08年)9月のリーマンショック以降、レバレッジを効かせた投資が破綻し、信用収縮と株価下落がこれほど急激に加速していたことはかつてない。
  2. 自分は以前から現物主義だから、(実態の見えにくい)レバレッジ投資が縮小すること自体はどうでもいいんですよ。ただ、今までの常識が通用しないから、
    直感で早めに損切りして、本当、紙一重で助かったことが何度もありました

  3. 自分は毎年、最悪の事態を想定します。前提として、一番厳しい時の相場を想定して売買しないと、損切りが遅れちゃうから。

    売りから入るのは、性格的に向かない。短期的に”下げ過ぎ”だと判断したら買って、早めに利益を確定する。それを繰り返しているにすぎないんです。

    来年、日経平均が6000円を割っても、それ以上に下がると思えば買い場を待つし、1万3000円台に乗せても、そこからまだまだ上に行くと思えば、上へついて行くだけです

  4. 08年12月現在、オバマ次期米大統領が正式に就任する09年1月20日まで、今は経済政策への期待感もあって、NY市場は予想以上に強いと思います。ですが、実体経済の悪化がどこまで長引くかは見えない。

    実際のところ、今後、オバマ新政権がどんな政策を実施し、日本にどんな影響があるか、わからないですね。09年前半にオバマの金融危機への対処が期待された分、後半に失望感が膨らみ始めた時が心配です。

    01年、日本で小泉政権発足当時に、構造改革への期待感から株価がいったん戻ったものの、その後、ジワジワと下がっていったような展開になるかもしれない

  5. BNF氏の2009年度相場の予想・・・日経平均は5800円~1万2000円の予想レンジかな。米ドル円相場は、1ドル=68円~100円くらいを想定しています。

    世間では、不況や円高がプラスに作用する『生活防衛銘柄』に買いが集まっていますが、上値はたかが知れている。短期なら狙うけど、あんまり興味ないです。

    今一番興味があるのは、自動車株など、景気減速で叩き売られている銘柄です。拾っていくチャンスでもある。ここからもっと下がってくれたら嬉しいかな。自分的にはリバウンドを狙えるから、面白い

  6. そろそろ短期売買だけでなく、長期投資に取り組む時期かなとも思っているんです。どうせ長期投資するなら、2倍程度じゃなく、5~10倍程度まで大きく化ける銘柄を狙いたいんですよ。

    もし、日経平均が5800円になったら、自動車の低位大型株の一角なんか、長期保有を前提に狙ってもいいかもしれませんね。悪い時はとことん悪くなるけど、潜在能力があって、景気が回復すればすぐに収益で恩恵を受ける実力のある企業。歴史があって、倒産リスクが少なくて、チェーとの裏付けが数十年間以上取れて、流動性が十分にある銘柄がいいんです。

    自動車株で言うと、トヨタやホンダのような大手ではなく、マツダ、日野自動車のような100円台の低位株が手がけやすいと思っています

  7. 米国株を見ていると、安い銘柄多いのでつい買いたくなってしまう。米国株投資から撤退したわけではなく、今も銘柄ウォッチは続けています。

    自分は日本株が上がったらすぐに売りたくなってしまうんで、気軽に売れない外国株のほうが、長期保有には向いているかもしれない。まだ動きの鈍い新興国にも、長期投資できる対象があるかもしれません。実は、既に口座も開いて、目をつけている国はありますけど、どこかは秘密です

▼今回の記事でBNF氏について判ったこと

  1. 取材日は2008年12月19日
  2. 取材日時点での総資産は約224億円。証券口座に134億円+90億円のビルを所有
  3. 2008年のトレードでの年間利益は約38億円
  4. 記事の写真を見るに、相変わらず楽天証券マーケットスピード
    を使っている。

BNF氏が来年の相場の予想を語ったり、これから注目する銘柄を具体的に述べるのはかなり珍しいことです。文章量は多くありませんが、興味深い内容のインタビュー記事でした。

※BNF氏について詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする