カブドットコム証券、携帯電話用トレードツール「kabuアプリ」をバージョンアップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券には、、株取引と日経225先物取引用の携帯電話向けトレーディングツール「kabuアプリ」があります。

「kabuアプリ」には、下記の機能が備わっています。

  1. ユーザーが登録した銘柄の株価情報を一覧で見ることができるカブボード
  2. 板情報
  3. 逆指値W指値に対応した自動売買画面
  4. 資産管理画面
  5. リアルタイム株価・気配、一目均衡表、ストキャスティクス、回帰トレンド等のテクニカルチャート
  6. 株式新聞社およびトムソン・ロイター社提供のニュース
  7. 現物株式の取引信用取引日経225先物取引、日経225オプション取引に対応

「kabuアプリ」の利用料は無料です。

この「kabuアプリ」ですが、8月5日から、「カブボード、板情報、先物一覧、オプション一覧画面に自動更新機能」が追加されました。

ドコモの携帯では、すでに自動更新機能が使えるようになっています。au版は9月末のリリース予定ということです。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~

kabuappli20100806.jpg

※auの「EZアプリ」は9月末にリリース予定です。
※初期は自動更新しない設定となっておりますので、自動更新の設定にする場合は、「各種設定」画面にて自動更新「する」にしてください。

◆ iアプリDX「kabuアプリ」
株式、先物、オプション取引に最適な携帯端末用アプリケーション「kabuアプリ」が大規模バージョンアップ。

[最短3秒の自動更新機能]、[カブボード最大10ボードへ拡充]、[値上がり値下がり率などの株式ランキング]を新たに追加!もちろん従来からの東証次世代売買システムに対応した最新機能はそのままで、投資情報と取引機能がシームレスに連携しています。

アローヘッドに対応した当社PCブラウザに引けを取らない「kabuアプリ」を是非ご活用ください。使用料は無料です。

  ~~中略~~

◆機能一覧

【1】お取引 現物 1.買付  
2.売却  
信用 3.新規  
4.返済  
先物 5.新規  
6.返済  
オプション 7.新規  
8.返済  
【2】資産管理 残高照会 1.現物  
2.信用  
3.先物  
4.オプション  
注文約定照会 5.現物 訂正/取消
6.信用 訂正/取消
7.先物 訂正/取消
8.オプション 訂正/取消
【3】入出金 1.入金依頼    
2.出金  
3.必要入金額  
4.出金予約確認・取消  
【4】投資情報 1.指数 日経平均  
TOPIX
TOPIX Core30
東証REIT指数
日経225(中心限月)
日経225夕場(中心限月)
TOPIX先物(中心限月)
TOPIX先物夕場(中心限月)
2.株銘柄検索 株価検索 4本値、気配
3.先物銘柄検索 日経平均先物 4本値、気配
日経225mini先物 4本値、気配
TOPIX先物 4本値、気配
ミニTOPIX先物 4本値、気配
TOPIX Core30先物 4本値、気配
東証REIT指数先物 4本値、気配
4.オプション銘柄検索    
5.ランキング    
【5】カブボード 180銘柄の登録が可能    
└チャート表示 各チャートとも、日足、週足、月足、複数チャートを選択出来ます。  
    ・ローソク足
・移動平均線
・移動乖離線
・一目均衡表
・ストキャスティクス
・回帰トレンド
・複数チャート
└機能 会社情報 四季報
決算情報
会社概要
テクニカル テクニカルチャート設定
【6】設定     自動ログイン
売買パスワード省略
【7】ニュース 株式新聞ニュース  
ロイター
投資情報室
先物オプションニュース
【8】お知らせ 1.お客さまへのお知らせ  
2.当社の最新情報
【9】 Q&A  

~~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~~

私はドコモの携帯を持っているので、バージョンアップした「kabuアプリ」を使ってみました。やはり、板情報(株価)の自動更新機能は便利なものだなと思いました。

▼関連記事

携帯電話用トレーディングツール比較表

「携帯電話向けの株取引・日経225先物取引用トレーディングツール」の記事カテゴリ

楽天証券、iPhoneとAndroid向けウェブサイトをリリース

カブボードフラッシュがiPhoneやiPadに対応

楽天証券のiSPEEDがiPhoneに対応

SBI証券の携帯向け株取引サイトがiPhoneに対応

楽天証券とカブドットコム証券、iPhone用のトレーディングツールをリリース

松井証券、iPhone向け投資情報アプリ「株touch」に株式取引機能を追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年3月31日まで口座開設とFX取引で、最大10万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする