SBI証券の成人向けNISA口座では、株取引の手数料が無料となっている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBI証券NISA口座を開設すると、NISA口座での現物株取引は常に手数料が無料となります。

 ・参考リンク SBI証券のウェブサイト – NISA口座およびジュニアNISA口座での取引手数料無料化実施のお知らせ【PDF】

 (※ただし、株式売買の手数料が無料になるのは、年間の投資額が120万円に達するまで。120万円を超えてから、新たに株取引を行った分についてはNISAの非課税枠から外れるため、通常の売買手数料が徴収されます)

また、2016年からは、NISA口座内における海外ETFの買付にかかる手数料が無料となっています。

ただし、海外ETFに関しても手数料が実質無料になるのは、年間の投資額が120万円に達するまでです。

なお、「海外ETF」の売却の際には、取引手数料が徴収されるので、その点は注意してください。

以下、SBI証券の親会社のSBIホールディングスのウェブサイトからの抜粋です。

NISA口座およびジュニアNISA口座での取引手数料無料化実施のお知らせ

2015年10月9日
株式会社SBI証券

 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「当社」という。)は、2016年以降のNISA口座での国内株式の取引手数料および海外ETFの買付手数料を恒久的に無料とし、2016年より始まる「ジュニアNISA口座」での2016年分の国内株式の取引手数料および海外ETFの買付手数料についても無料で提供することとなりましたのでお知らせいたします。

■NISA口座

対象商品 現行手数料(期間限定) 2016年以降の手数料
(恒久化)
国内株式(買付・売却)
0円
0円
海外ETF(買付)
0円
0円

■ジュニアNISA口座

対象商品 2016年分手数料
国内株式(買付・売却)
0円
海外ETF(買付)
0円

 当社では2014年のNISA制度開始から2年間、NISA口座での国内株式の取引手数料および海外ETFの買付手数料をキャンペーンにて無料で提供しておりましたが、このたびキャンペーン内容を恒久化し2016年以降の同取引手数料を無料とさせていただくこととなりました。さらに、2016年よりはじまる「ジュニアNISA」口座でのお取引についても、2016年の1年間の取引を対象として、国内株式の取引手数料および海外ETFの買付手数料を無料で提供することになりました。

 当社はNISAを、これからの個人投資家の資産形成において極めて重要な制度として位置づけており、これまでもNISA口座での各種取引手数料を無料とするキャンペーンのほか、NISA口座開設時に必要な住民票の取得を無料で代行する住民票取得代行サービスの実施など、お客さまのニーズにお応えするべくさまざまな取り組みを行ってまいりました。そのような取り組みを多くのお客さまにご支持いただいた結果、2015 年9月末時点でNISA口座数は72万口座を突破し、主要ネット証券中[※1]第1位となっております。

 今回のNISA口座およびジュニアNISA口座での国内株式の取引手数料および海外ETFの買付手数料無料化の実施により、取引コストの低減を実現することで、中長期的な資産形成ツールとしてNISA を最大限ご活用いただけるものと期待しております。当社は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を実現するべく、お客さまにご満足いただける魅力的な投資商品・サービスの提供に努めてまいります。

■NISA口座での取引手数料恒久無料化の概要

恒久無料化開始日 2016年1月4日(月)受渡分~(現行制度終了時まで)
対象となるお客さま

NISA口座をお持ちのお客さま

インターネットコース、IFAコース、ダイレクトコース、対面コースのお客さまが対象です。

対象商品

NISA口座における以下の取引が対象となります。

・ 国内株式(買付・売却)単元未満株取引(S 株)は対象外

・ 海外ETF(買付のみ)

手数料 無料

■ジュニアNISA口座での2016年分取引手数料無料化の概要

対象期間 2016年4月1日(金)受渡分~2016年12月30日(金)受渡分
対象となるお客さま

ジュニアNISA口座をお持ちのお客さま

インターネットコース、IFAコース、ダイレクトコースのお客さまが対象です。
 一部の仲介業者経由で口座開設されたIFAコースのお客さま、および対面コースのお客さまは対象となりません。

対象商品

ジュニアNISA口座における以下の取引が対象となります。

・国内株式(買付・売却)単元未満株取引(S 株)は対象外

・海外ETF(買付のみ)

課税ジュニアNISA口座[※2]での委託手数料は、現時点では未定です。

手数料 無料

 ~~中略~~

印刷時には、PDFデータをご利用ください。
印刷用【PDF】

 ~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

なお、SBI証券がジュニアNISA口座における株式取引手数料を、2016年度は無料にすると発表しています。詳細を知りたい方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

SBI証券のジュニアNISA口座では、株取引の手数料が無料となる【2016年】

▼関連記事

NISA口座「口座開設キャンペーンの比較」 【ネット証券各社】

楽天証券、NISA口座開設 「住民票取得代行サービス」キャンペーン実施

楽天証券のNISA口座では、株取引の手数料が無料となる

SBI証券、NISA口座開設の申込者に住民票の取得代行サービスを提供。現金2000円プレゼントもあり

NISA関連情報カテゴリ【ニーサ】

NISA口座で取引できる「日本国内の金融商品」の比較表 【ネット証券各社】

NISA口座で取引できる「海外の金融商品」の比較表 【ネット証券各社】

マネックス証券において、米国株と中国株が非課税(NISA)で取引可能になりました

マネックス証券、NISA取扱い全商品 買付時手数料全額キャッシュバック【2015年】

GMOクリック証券が5月31日からNISA口座を開始 【NISA口座における株の手数料が無料】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする