ジェイコム男BNF氏、一晩で12億円の利益 【2008.11.4発売の週刊朝日より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイコム男BNF氏のインタビュー記事が、11月4日発売の「週刊朝日 11月14日増大号」に掲載されました。表紙は上戸彩さんです。

この雑誌を購入したので、記事の内容の紹介をします↓

【週刊朝日】11月14日号 22~23ページ

この乱高下で一晩12億円稼いだ!

あのジェイコム男の
「それでも勝つ投資術」

以下、週刊朝日の記事から、BNF氏の発言録の抜粋です。

  1. 昨年中ごろまで上げ相場だった日経平均が今年はずっと下げ続けているので、上げ相場のときとは違って今は『逆張り』が中心。ドンと下がったところに買いを入れて反発するのを待ってます。

    でも、9月に入ってからは値動きが尋常じゃない。以前は『買い』だった大幅下げでも、そこからさらに下がってくるケースが目立つ。今まで経験したことのないような相場で、まったく油断できません。

  2. 何パーセントで利益を確定するとか、損切りするとか、そういうルールは特にありません。あくまで相場の雰囲気、空気を見ながら判断しています。大事なことは欲を出さないこと、それと絶対に無理はしないってことでしょうか。
  3. 値動きだけを見るわけではなく、円高による業界への影響とか、個別の前提は頭に入れてるつもりです。それと、米連邦公開市場委員会や日銀の金利にかかわる会議とか、11月 15日の金融サミットとか、経済に密接したイベントの日程も意識してますよ。
  4. (こうした手法で、10月も)かなり儲かってますよ。
  5. 株価が急落して、10月28日午前に7100円前後になったところで一気に買った。60億円ちょっとかな。電機、銀行、商社、自動車……と何でも買ってますね(笑)。

    7000円を割り込んでから 1億円以上の含み損が出てヒヤヒヤしたけど、最長で11月4日の米大統領選まで持つつもりでした。政権交代への期待で多少の値上がりがあるかと思って。

    でも、28日午後に急反発し、29日に8200円前後になったところで90銘柄ほどあったのをぜんぶ売った。ひと晩で12億円の儲けが出た計算です。もう少し待てばもっと儲かったけど、腹八分目ってことでちょうどよかったのかな。

  6. 9月に米国株を始めて、リーマン株が暴落したときについ手が出て7億円ほど買った。そしたら 2日後に倒産……そのまま紙くずになった。他の取引で最後は数億円の利益を出したけど、夜は眠れないし、為替リスクもあるし、手数料も高いので、米国株はもうやめた。

    日経平均が千円以上の下げを記録したとき(10月10日)には5億円の損が出た。ま、そのぐらいの損切りでよく済んだなと思います。損切りした次の日に何百円も下がったとか、そういうのが 2 度くらいあったから。

    値下げ幅が大きくて損切りしづらい状況だけど、いつか上がるという希望的観測は絶対にダメ。危ないと思ったらすぐ損切りする。数分でも判断が遅ければ1億円が吹っ飛ぶことも少なくないから。損切りをして次のチャンスを狙うほうがいい。

    いや、損切りしたあとに予想が外れて反発しちゃうことも多いんだけど、今回は運が良かったですよ。

  7. (秋葉原駅前のビルを90億円で一棟買いしたのは)転売とか賃料収入とかに期待してるわけじゃなく、あくまで資産の分散が目的なんです。

    現金が 200億円あると、僕は全部使っちゃうから。でも、いざ株を売り買いするときに 200億円を取引するのは時間がかかっちゃってリスクが大きい。100億くらいが限界かなと思ってて、動かせない資産をつくろうと思ってビルを買ったんです。

  8. 人付き合いもしないし、外にも出かけない。自分のペースを乱されるのが嫌で、人とご飯も食べてない。不動産の購入手続きで出かけたくらいで、休日もずっと家で過ごす。

    もともと引きこもりがちだったし。株をやめたら、本当に何もほかにすることがないんですよ。毎日が「休日」じゃ、ありがたくないしね。

    大損したらやめようとも思ってます。リーマンで 7 億円を損したときにやめてもよかった。でも、また取り戻しちゃったから……。

  9. 恋人の有無はなぜか「ノーコメント」

▼今回の記事でBNF氏について判ったこと

  1. 取材日は2008年10月29日
  2. 取材日時点での総資産は210億円以上
  3. 楽天証券の口座に11,954,943,571円の資金あり。また、10月中旬に秋葉原駅前のほぼ新築のビルを90億円で一棟買い。また、仕事場に使っている港区の高層マンションは06年末に4億円で買ったもの。
  4. 記事の写真を見るに、相変わらず楽天証券マーケットスピードを使っている。トレード環境は、2007年4月のときの環境と変わっていない模様。
  5. 2008年10月は、どんと下がったところに買いを入れて反発するのを待つ「逆張りスイングトレード」で利益をあげた。
  6. 米国株のトレードはやめた模様。

※BNF氏について詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする