日経平均は881円安の暴落で7連敗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月10日、日本市場は暴落となりました。日経平均株価はこれで7日続落です。

以下、本日の主要な株価指数の値動きです。

▼2008年10月10日 株価指数 騰落率

株価指数 2008年10月10日終値 前日比 騰落率
日経平均 8,276円 -881 -9.62%
TOPIX 840.86 -64.25 -7.10%
JASDAQ指数 40.76 -1.98 -4.63%
マザーズ指数 269.41 -18.72 -6.50%
ヘラクレス指数 436.88 -17.72 -3.90%

ニューヨーク・ダウがマイナス678ドルと暴落した上に、「中堅生命保険会社の大和(やまと)生命保険破綻」のニュースや「J-REITのニューシティ・レジデンス投資法人破綻」の報道が流れたため、日本市場は総崩れとなりました。

悪いときには、悪いことが重なるもので、本日の12時10分~58分ごろ、SBI証券と楽天証券で板情報が配信されないシステム障害が発生しました。

2社に株価情報を配信しているトムソン・ロイターの障害が原因だったため、クイック社から配信される株価情報を利用しているカブドットコムや松井証券の板情報には障害が出ませんでした。

以下、ITmediaのウェブサイトからの抜粋です。

SBI証券と楽天証券で板情報更新されず、取引に一部影響 ロイターの障害で

 SBI証券と楽天証券のWebサイトや取引ツールで10月10日の後場開始前、一部の株式の板情報(気配値)が正しく更新されない不具合が発生し、両社が一部の取引を中止するなど、口座を持っているユーザーの取引に影響が出た。

 情報配信元の米Thomson Reutersの障害が原因。午後2時までに楽天証券は全面復旧した。

市場が混乱すると、こういったシステム障害が出てくる可能性が高まります。我々、個人投資家としては、複数の証券口座を持つことでリスクヘッジをはからなければならないでしょう。

最近、波乱の相場展開になっていますから、FXの会社でもシステム障害が出てきても不思議ではありませんね。FX取引をされている方もシステム障害に備えて、財務状況が優良なFX会社を選び、2社以上口座開設をしておいた方が無難かもしれません。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする