大証、米CMEと連携強化 日経225先物の24時間取引も整備検討

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月3日、大阪証券取引所 【ヘラクレス:8697】 が、世界最大の先物取引所である米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)を傘下に持つCMEグループと、金融派生商品(デリバティブ)分野での提携を目指すことを決めたと発表しました。

両者は日米の時差を利用した日経225先物の24時間取引の実現などを目指すものと思われます。以下、日経新聞のウェブサイトからの抜粋です。

大証、米CMEと協力協定 24時間取引も整備検討

 大阪証券取引所と米大手取引所のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は3日、相互協力協定(MOU)を締結する。CMEグループのレオ・メラメド名誉会長が同日、大阪市内で記者会見し明らかにした。先物などデリバティブ(金融派生商品)分野で日米の時差を利用した24時間取引の整備を検討するほか、新商品の共同開発にも・・・

現在、松井証券のユーザーは、CMEの日経225先物の夜間取引を行うことができますが、
大証とCMEの話し合いが進めば、松井証券以外の証券会社でもCME日経225先物の取引ができるようになるかもしれません。

▼関連記事

松井証券、6月から日経225先物の夜間取引を開始

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする