ドリームテクノロジーズ、平成電電の再建支援企業に内定。株価へも影響か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月10日、平成電電の再建支援企業にドリームテクノロジーズが内定したことが明らかになりました。
以下、日経新聞の記事の抜粋です。

ドリームテクノロジーズ、平成電電の再建支援へ
10月に民事再生法の適用を申請した通信ベンチャー、平成電電(東京・渋谷)の再建支援企業にソフト開発のドリームテクノロジーズが内定したことが10日、明らかになった。最終入札に参加したソフトバンクグループよりも高い金額を提示したことなどが評価されたもよう。平成電電はドリームテクとともに来年1月までに再生計画案を固め、来年3月ごろに開く債権者集会で再生計画案の可否を問う。

ドリテクは村上ファンドが大株主になっています。12月12日のドリテクの株価は個人投資家の思惑に翻弄されそうですね。
■当ブログの過去ログ
・11月13日平成電々の支援にドリームテクノロジーズも名乗り
・11月09日ドリームテクノロジーズがストップ高の後、ストップ安
・11月03日ドリームテクノロジーズ 7日連続ストップ高! 村上ファンド効果が続く
・10月31日ドリームテクノロジーズ、村上ファンドに総額150億円の割当増資・CB発行
・10月26日平成電電がドリームテクノロジーズの株を一部売却
・10月21日ドリームテクノロジーがストップ安! 平成電電破綻の影響が続く
・10月19日ドリテクとオープンループがストップ高! 平成電電関連銘柄が舞い上がる
・10月19日ドリームテクノロジーズが12営業日ぶりに寄り付き!
・10月17日ドリームテクノロジーズが10日連続ストップ安 平成電電破綻の影響は大きい
・10月15日01:23 ドリームテクノロジーズが今後の事業展開に関する社長のコメントを発表
・10月15日23:58 平成電電やはり配当金の支払いを停止 ドリームテクノロジーズの株価への影響は?

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする