岡三オンライン証券、「岡三ネットトレーダー」の機能を改善

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡三オンライン証券には、「岡三ネットトレーダー プレミアム」という株取引と日経225先物取引用のトレーディングツールがあります。

岡三オンライン証券が、8月15日に岡三ネットトレーダーの機能を改善したと発表しました。

各種テクニカル指標を用いて条件に合った銘柄を抽出することができる「テクニカルスクリーナー機能」などの機能が改善されています。

以下、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋です。

「岡三ネットトレーダー」機能増強のお知らせ

下記の機能・改善等を2008年8月15日(金)22:30(予定)にリリースいたします。各詳細はマニュアルをご覧ください。

これに伴い、8月15日(金)19:10から22:30まで、岡三ネットトレーダーシリーズのシステムメンテナンスを行います。

●スピードショット注文 設定項目追加

1.注文株数(日本株注文パネル共通)
注文株数の増減ボタン(+・-)、倍率ボタン押下時の挙動を選択できるようになりました。また、倍率ボタンについては、表示する倍率を任意に設定可能です(1以上の整数)。

2.注文種別タブ表示
銘柄を切替えたときに表示される注文種別タブの設定を行えるようになりました。

■銘柄毎のタブ選択状態を保持

■切替前のタブ選択状態を保持

3.売買注文数値欄表示
板上の「売注文数」「買注文数」に表示される注文数量を、注文株数と未約定株数から選択できるようになりました。また、同一板上に現物・信用新規・信用返済の数量をまとめて表示できるようになりました。

●アラート機能改善(プレミアムのみの機能です)

右クリックメニューから、現行の「アラート(価格)」に加え「アラート(ニュース、テクニカル)」および「テクニカルアラート」画面への仮登録を行えるようになりました。

また、アラート・テクニカルアラート一覧画面から、条件の変更を行えるようになりました。

テクニカルスクリーナー改善(プレミアムのみの機能です)

1 検索時の市場区分増加
5種類から13種類へと区分を増やしました。1部・2部や新興市場を限定しての検索が可能となりました。

2 銘柄フィルタ選択肢増加
株価ボード登録銘柄のみのフィルタリングでしたが、日経225採用銘柄・東証33業種によるフィルタリングも行えるようになりました。

3 利便性向上(サイン種別)
選択したサイン種別に応じたタブが表示されます。

4 利便性向上(銘柄数表示)
選択したサインに合致した銘柄数が表示されます。

●マーケット情報改善

市場統計タブ内のグラフ表示部でクリックすることで金額と日付が表示され、内容を把握しやすくなりました。

● 先物・オプション日足表示改善

スライダーバーの表示内容を改善し、複合画面で先物・オプションの日足を表示した際の表示期間が選択しやすくなりました。

● ランキング表示改善

1 フィルタ項目追加
東証ETF、東証REIT、大証ETF、大証REITを追加しました。

2 表示件数増加
表示件数が30件から50件となりました。

▼関連記事

岡三ネットトレーダープレミアムに板発注機能が追加

ネット証券 手数料比較表

一日定額制 株式手数料比較表

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225ミニとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする