ジェイコムの岡本社長 株式誤発注問題に関してコメントを発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月8日午後、ジェイコムの岡本泰彦社長が、誤発注問題に関してコメントを発表しました。
以下、日経の記事の抜粋です。

ジェイコム岡本社長「誤発注は大変遺憾」
ジェイコム <2462> が8日、東証マザーズ市場に新規上場した。公開価格61万円に対して初値67万2000円となり、その後ストップ安の後、ストップ高となった。誤発注による大量の売りが出たと推測されている。以下はジェイコムの岡本泰彦代表取締役社長の会見要旨。
――本日の新規上場の売買に際して、誤った売り注文が大量に出たと見られている。主幹事証券や東証からどのような話を聞いているのか。
岡本 朝方から買い気配が切り上がっていく中で、突然値段が付いた。主幹事証券や東証からは「一部の証券会社から入力間違いによって大量の売り物が出た」との話を聞いている。直接、売り注文数を聞いたわけではないが、報道等で60万株の売りが出たと聞いた。これは当社の発行株式数の約40倍に達する。過去の誤発注問題(電通の新規上場時)でも、発行株式数を上回った誤発注の売りは例がないと言われた。困惑している。事実関係がわかれば、東証や主幹事証券から内容について報告が来ると聞いている。
――トラブルに巻き込まれた形となったが、心情を教えて欲しい。
岡本 公開価格で購入した投資家の方のためにも、当社の実力を適正に評価した形で株価がついて欲しいと思っていた。私ども事業会社としては、通常のルールに則って上場をした。誤発注が事実ならば大変遺憾と思うし、この要因によって本日の株価全般が下げたならそれもまた遺憾だ。

考えれば考えるほど、強烈な事件です。
そもそも、発行済株式数14,500株なのになぜ60万株の空売り発注ができるのか?
一般投資家に渡った株を市場で全て買い戻すことができるのか?
今日、現物で7251株を発注して約定したら筆頭株主になれたのか?
疑問はつきません。
■当サイト関連記事
2005年12月08日 新規上場のジェイコム株で誤発注か?

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする