岡三オンライン証券、「岡三ネットトレーダー モバイル」をリリース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月18日、岡三オンライン証券が携帯電話用トレーディングツール「岡三ネットトレーダー モバイル」をリリースしました。「岡三ネットトレーダー モバイル」では、株取引と日経225先物・日経225ミニ・日経225オプション取引を行うことができます。

「岡三ネットトレーダー モバイル」にはウィンドウズモバイル版と携帯アプリ版の2種類があるので、全ての携帯電話会社(ドコモ、au、ソフトンバク、ウィルコム、イーモバイル)で利用することが可能です。

ウィンドウズモバイル版、携帯アプリ版ともに利用料および情報提供料は無料(通信料はユーザー負担)となっています。

以下、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋です。

2008年7月18日
岡三オンライン証券株式会社

ニュースリリース :
「岡三ネットトレーダー モバイル」提供開始のお知らせ
~いつでもどこでも最先端のトレーディング環境を利用可能に~

岡三オンライン証券株式会社(所在地:東京都中央区、取締役社長:池田嘉宏)は、最先端のトレーディングツール「岡三ネットトレーダー」のモバイル版、「岡三ネットトレーダー モバイル」を平成20年7月18日(金)から提供を開始いたしますので、お知らせいたします。

「岡三ネットトレーダー モバイル」は、最先端のモバイル技術をフル活用して開発されたモバイル版トレーディングツールです。世界中で1,000万人以上のユーザ数を誇る「BlackBerry」などのスマートフォンに対応した高性能なウィンドウズモバイル版と携帯アプリ版の2種類をご用意しており、NTT docomo、au、Softbank、WILLCOM、EMOBILEの5キャリア※でご利用いただけます。

同ツールは、アクティブ投資家の皆さまのニーズにお応えするため、ネット証券のトレーディングツールとして初めて(当社調べ)、板発注機能(7月下旬提供開始予定)を搭載。

た、モバイル版とPC版とのシームレスな銘柄連携、メール通知によるアラート機能(7月下旬提供開始予定)の実装により、アクティブ投資家の皆さまが外出先でも場所を選ばずご利用いただける高水準のモバイルトレーディング環境を実現いたしました。

当初お取り扱いする商品は、現物・信用取引はもちろんのこと、アクティブ投資家の皆さまからご要望を数多くいただいた先物・オプション取引をご提供いたします。

岡三オンライン証券では、最先端モバイルトレーディングツール「岡三ネットトレーダー モバイル」を広く投資家の皆さまにご利用いただくため、ウィンドウズモバイル版、携帯アプリ版ともに利用料および情報提供料を無料(通信料はお客さま負担)といたします。

「岡三ネットトレーダー」は、投資家の皆さまの要望をカタチに今後も進化いたします。

※一部機種には対応しておりません。詳細は当社Webサイトでご確認ください。

■岡三ネットトレーダー モバイル」(ウィンドウズモバイル版)の特長

  • 株価情報はリアルタイムでの自動更新機能を実装
  • 「岡三ネットトレーダー」PC版との銘柄連携により、ご自宅で登録した銘柄も場所を選ばず確認が可能
  • ネット証券のトレーディングツールとして初めて(当社調べ)板発注機能(7月下旬提供開始予定)を搭載

■「岡三ネットトレーダー モバイル」(携帯アプリ版)の特長

  • 「岡三ネットトレーダー」PC版との銘柄連携により、ご自宅で登録した銘柄も場所を選ばず確認が可能
  • メール通知によるアラート機能(7月下旬提供開始予定)との連動により、スムーズなお取引が可能
  • 株価情報は最短5秒間隔での自動更新機能を実装

なお、岡三オンライン証券が「岡三ネットトレーダー モバイル」をリリースしたので、後日、当サイトの「携帯電話用トレーディングツール比較表」という記事を更新する予定です。

▼関連記事

携帯電話用トレーディングツール比較表

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする