マネックス証券、「イージーETF S&P GSCI 商品指数クラスA米ドル建」の取扱い開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月16日、マネックス証券が「イージーETF S&P GSCI 商品指数クラスA米ドル建」というETFの取扱いを開始しました。

「イージーETF S&P GSCI 商品指数クラスA米ドル建」(証券コード:1327)は、世界の商品市場全体の値動きを表すS&P GSCI商品指数との連動を目指して運用されるETFです。

S&P GSCI商品指数は「原油」、「金」、「小麦」、「トウモロコシ」など、世界で産出される主要な24種類の商品の取引価格をベースに算出されています。

将来、世界全体の商品価格(コモディティ価格)が上がると思う人は、「イージーETF S&P GSCI 商品指数クラスA米ドル建」を買う検討をすればいいでしょう。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~

商品指数に連動するETF(東証:1327)等を取り扱い開始

マネックス証券では、「S&P GSCI商品指数™トータル・リターン指数」に連動するETF、「イージーETF S&P GSCI 商品指数™クラスA米ドル建」(1327)の取り扱いを開始いたしました。

また、金融市場の動きに関連して注目されている東証上場外国株「ジェー・ピー・モルガン・チェース・アンド・カンパニー(8634)」「バンク・オブ・アメリカ・コーポレーション(8648)」、加えて「ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー(4850)」の取り扱いも開始いたしました。

▼商品指数に連動するETFとは?

このたび、取引が可能となった商品指数に連動するETFは「原油」、「アルミニウム」、「金」、「小麦」、「トウモロコシ」など世界で産出される主要な24商品を対象とし、世界の商品市場全体の動きを表す指数との連動を目指して運用されるETFです。

■ 商品指数を構成する主な商品とその比率

WTI原油 40.27% 大豆 2.05%
軽油 5.44% 生牛 2.16%
1.88% 豚肉 1.03%
H.G.アルミ 2.23% シカゴ小麦 3.30%
銅 A級 2.75% トウモロコシ 3.62%

2008年9月24日現在

商品指数は株式や債券などの伝統的な金融資産との相関が低く、ポートフォリオに一定程度組み入れることで、ポートフォリオ全体のリスクの低減効果が期待されるとされています。

詳細は東京証券取引所のウェブサイトでご確認ください。

▼国内上場ETFで分散投資

従来、国内に上場するETFは日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)への連動を目指す銘柄が中心でした。しかし、現在、上場した銘柄は対象となる資産が外国株や商品、通貨、REIT指数などバラエティあふれるラインナップとなっています。

国内株式同様に円で売買できる国内上場ETFで分散投資を始めてみませんか?

従来 日本の株価指数に連動する銘柄が中心

現在 外国株や金、外国通貨など対象が多彩に

▼様々な資産に連動するETF

■ 海外の株式指数に連動するもの






































韓国
KODEX200 上場指数投資信託 (1313/東証)








中国












上場インデックスファンド中国A株(パンダ)CSI300 (1322/東証)
上海株式指数・上証50連動型上場投資信託 (1309/大証)








ブラジル
ブラジル株式指数・ボベスパ連動型上場投信 (1325/東証)








南アフリカ
南アフリカ株式指数連動型上場投信 (1323/大証)








ロシア
ロシア株式指数・RTS連動型上場投信 (1324/大証)














海外の通貨に連動するもの






























インド
インド通貨ルピー連動型上場投信 (1340/大証)








ブラジル
ブラジル通貨レアル連動型上場投信 (1341/大証)








ロシア
ロシア通貨ルーブル連動型上場投信 (1342/大証)
















商品に連動するもの


























金価格連動型上場投資信託 (1328/大証)
SPDRゴールド・シェア (1326/東証)














日本の金融商品に連動するもの


















REIT指数











東証REIT指数連動型上場投信 (1343/東証)
上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型(1345/東証)
新興市場 上場インデックスファンドS&P日本新興株100(1314/東証)

~~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~~

「EASY ETF S&P GSCI 商品指数クラスA米ドル建」(証券コード:1327)は、名前に「米ドル建」が入っていますが、日本円で取引することができます。

ただ、このETFの取引価格は、ドル建てを日本円で換算した値に収束していく傾向があるので、実質的に米ドルで投資しているのと同じ為替リスクがあると考えた方がいいでしょう。

ちなみに、「EASY ETF S&P GSCI 商品指数クラスA米ドル建」は楽天証券でも取引することが可能です。

SBI証券でも取引可能ですが、今のところコールセンターでしか注文ができず、取引手数料も高めになっています。

▼関連記事

ETFとは (株式用語解説)

マネックス・SBI・楽天証券、バンガードETF3銘柄追加

楽天証券とマネックス、バンガード運用の米国ETF2銘柄の取り扱い開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする