大和証券、夜間取引サービス「ダイワPTS」を終了

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大和証券には「ダイワPTS」という株の夜間取引サービスがあります。平日の「18:00 ~ 翌2:00」の間、株取引ができるサービスですが、この夜間取引サービスが2011年12月21日で終了することになりました。

以下、大和証券ウェブサイトのPDFからの抜粋です。

平成23年10月28日

各位

大和証券株式会社

「ダイワPTS」および「ダイワ株X」サービス終了のお知らせ【PDF】

 この度、平成23年12月をもって「ダイワPTS(国内株式・個人向け国債)」および「ダイワ株X(店頭CFD)」のサービスを終了させていただくこととなりましたので、お知らせいたします。

「ダイワPTS(国内株式)」は、国内初のマーケットメイク方式によるPTSとしてサービスを提供してきましたが、平成24年4月1日に予定している大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社との統合により、マーケットメイカーが1社のみになることから、当社グループ単独でのサービス提供の要件を満たすことができなくなりました。

また、「ダイワPTS(個人向け国債)」および「ダイワ株X(店頭CFD)」についても、サービス開始以降、取り巻く環境が大きく変化したことや代替商品・サービスが提供され始めたことで、当サービスの一定の役割を終えたと考えられることから、サービスを終了することといたしました。

サービス終了に向けたスケジュール等については、下記の通りとなります。
当社は、今後もお客さまに親しまれる証券会社、お客さまより選ばれる証券会社を目指して、ご満足いただけるようサービスの向上に努めてまいります。

■ダイワ株X(店頭CFD)

【口座開設の受付】
新規の口座開設につきましては、平成23年10月30日(日)の受付分を持ちまして終了とさせていただきます。

【売買最終日】
<株価指数先物CFD>
平成23年12月8日(木)を売買最終日とさせていただきます。

<株式CFD>
平成23年12月21日(水)を売買最終日とさせていただきます。

※上記の売買最終日を超える期間指定注文は、売買最終日後に全て破棄させていただきますので、あらかじめご了承ください。

【強制決済日】
<株価指数先物CFD>
平成23年12月8日(木)の取引終了時点で建玉を保有されているお客さまにつきましては、平成23年12月9日(金)に建玉を強制決済させていただきます。

<株式CFD>
平成23年12月21日(水)の取引終了時点で建玉を保有されているお客さまにつきましては、平成23年12月22日(木)に建玉を強制決済させていただきます。

【証拠金振替】
平成23年12月29日(木)のサービス終了時点で受入証拠金を有されているお客さまにつきましては、平成23年12月30日(金)に受入証拠金を振替させていただきます。

■ダイワPTS 国内株式

【売買最終日】
平成23年12月21日(水)を売買最終日とさせていただきます。

※売買最終日の取引時間は、平成23年12月21日(水)18:00から12月22日(木)2:00となります。

■ダイワPTS 個人向け国債

【売買最終日】
平成23年12月21日(水)を売買最終日とさせていただきます。

※上記の売買最終日を超える期間指定注文は、売買最終日後に全て破棄させていただきますので、あらかじめご了承ください。

以 上

ダイワPTSがサービス終了となると、私が把握している限りでは、日本において株の夜間取引が行えるPTSサービスは、SBIジャパンネクスト証券の「ジャパンネクストPTS」だけになります。

(ジャパンネクストPTSは、2012年1月下旬に、株式の夜間取引を再開する予定です)

▼関連記事

SBIジャパンネクスト証券のPTS、夜間取引を2012年1月に再開

マネックスナイター(夜間取引)が終了 (2011年12月上旬)

カブドットコム証券、私設取引システム(PTS)を終了。 2011年10月末に

GMOクリック証券、夜間取引(PTS)サービスを終了

SBI証券、「SBI PTS」の手数料を改定

SBI証券、SOR注文のサービスを開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで現金5000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする