ジェイコム男BNF氏は商品先物取引を行っている 【2008.6.21発売のZAi 8月号より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月21日発売の「月刊ダイヤモンドZAi 2008年8月号の46~47ページに、ジェイコム男BNF氏のインタビュー記事が載っています。内容の紹介をします。

ZAiに過去6回登場!

資産200億円超のBNFがZAiと今後の投資について語った!

取材日は2008年5月9日です。記事の写真を見るに、B・N・F氏のトレード環境は2007年4月時点の環境と変わっていない模様。やはり楽天証券マーケットスピードを使っています。

6月1日に放送されたテレビ東京の「久米宏・経済スペシャル“新ニッポン人”現わる!」において、久米氏がBNF氏の資産は210億円と述べていましたが、ZAiが確認したところによると、まだ210億円には到達していないとのことです。

なお、BNF氏は2007年1月から国内株に投資している資金は100億円程度になっている模様です。最近は、資産の一部で商品先物取引を行っています。また、将来的には外国株にも投資する予定で、外国株取引口座の口座開設は済ましているそうです。

▼BNF氏発言録

  • ZAiは100号なんですか。(創刊が)2000年というと、ちょうど僕が株を始めたのと同じ頃ですね。最初の頃は、何かいい銘柄ないかな~って感じで、本屋で立ち読みしてました
  • 3月に日経平均が1万2500円を割ったところでたくさん買って、200億円を超えました。でも、その後の上昇には乗れなかったんです。出来高を伴わない上げだったんで、好きじゃないというか(自分の手法に)マッチしなかった。対応できていれば、今頃210億円くらいになっていたと思うので、そこは悔しいですね
  • "たまたま"というのは、株を始める時期に恵まれていたということです。当時は学生だったので、取引時間中にずっと値動きを見ていることができたし、研究する時間もたっぷりありました。大損しても普通に就職すれば良いと思っていたので、思い切り勝負できました
  • 最初が下落相場だったのも、僕にとっては良かったんです。ストップ安の連続で、"株価は下げて当然"という意識ができました。だから、短期でロスカットをちゃんとやるスタイルになった。株を始めるのが1年早くても、逆に1年遅くても、まったく違う結果になっていたでしょう
  • 自分でも手法に行き詰った部分があって、(資金が大きくなりすぎて)短期では回しきれなくなってきました。自分の出した1注文が何十回にも分かれて約定しているのを見ると、1000人を相手にしている気がして、ホントに疲れちゃうんですよね。年齢的な衰えもあるのかもしれない。全盛期の力を10とすると現在は8.8~8.3くらいに落ちてます
  • 年齢的な限界も感じています。僕は08年に30歳になるんですけど、判断も発注のスピードも、昔に比べると明らかにキレがなくなってるんですよね。だから、08年から80億円くらいを長期投資に回そうと思ってるんです。
  • 商品(金、トウモロコシ、原油など)は株価を知る上でも必要な情報なので、以前から見て値動きは知っていたので簡単かなと思っていたのですが、実際にやってみると結構大変です。商品は値動きがほぼ完全にシカゴ取引所に連動するのですが、日本には値幅制限があってリスク管理上すごい不利なんです。アレ(値幅制限)は、なくせないんですかね
  • 外国株投資も05年くらいからやりたかったんですけど、あまりにも急激に上がりすぎていたので、諦めてたんです。最近やっと安くなってきたので、じゃあ始めようかなと。こちらは完全に長期で、10~20年のスパンで考えています。予算80億円で少しずつ買うつもりです。買ったらちゃんとZAiには教えます。フフフ

なお、
「2007.12.21発売のZAi2月号」の取材時点で、BNF氏はオンライン専業の商品先物会社であるSBIフューチャーズのe-Commodityの口座を開設していました。

現在、BNF氏がどこの会社で商品先物の取引を行っているかについては、残念ながらZAi最新号に記載がありませんでした。

※BNFさんについて詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする