SBIジャパンネクスト証券のPTS、夜間株取引を再開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBIホールディングスのグループ会社に、SBIジャパンネクスト証券という会社があります。SBIジャパンネクスト証券は「ジャパンネクストPTS」というPTS(私設取引システム)を運営している会社です。

この「ジャパンネクストPTS」は2011年3月11日まで、株の夜間取引を行っており、SBI証券楽天証券GMOクリック証券はこのPTSに参加していました。よって、この3社のいずれかの証券取引口座を持っている個人投資家は、株の夜間取引を行うことが可能でした。

しかし、東日本大震災をきっかけとした計画停電と節電要請の影響により、2011年3月14日から、「ジャパンネクストPTS」における夜間取引は休止となっていました。

これにより、SBI証券や楽天証券のユーザーでも、株式の夜間取引はできなくなっていました。

しかし、SBIジャパンネクスト証券が2012年1月30日に、株式の夜間取引を再開しました。これにより、2012年1月30日からSBI証券では、「19時00分~23時59分」の株式夜間取引が復活しました。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

SBI PTS夜間取引再開のお知らせ

SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営するジャパンネクストPTSのナイトタイム・セッションが停止されておりましたが、2012/1/30(月)より再開する旨の通知がございました。これにより当社が提供する「SBI PTS」も2012/1/30(月)より再開することとなりましたので、お知らせいたします。

また、それに伴いサービス内容に一部変更がございますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

取引時間の変更

2012/1/16(月)よりデイタイム・セッションの取引時間が変更となり、2012/1/30(月)よりナイトタイム・セッションが再開されます。

■変更前

SBIPTS20111212_01.gif

■変更後

SBIPTS20111212_02.gif

取扱銘柄の変更

2012/1/16(月)より、取扱銘柄が変更となります。

変更前
変更後
国内証券取引所上場の普通株式及びETF、REIT等のうちSBIジャパンネクスト証券株式会社が指定する銘柄 優先市場が東証、大証及びJASDAQの普通株式及びETF、REIT等のうちSBIジャパンネクスト証券株式会社が指定する銘柄

ナイトタイム・セッションの呼値の変更

2012/1/30(月)より再開するナイトタイム・セッションの呼値の刻みは、デイタイム・セッションと同様となります。

変更前
変更後
最小呼値:1円
最大呼値:100,000円
最小呼値:0.1円
最大呼値:100円

ナイトタイム・セッションでの10株未満のお取引に関する一部変更

2012/1/30(月)より、ナイトタイム・セッションでの10株未満のお取引が一部停止となります。

変更前
変更後
制限なし
売買単位が10株未満かつ制限値幅(下限)が5,000円未満となる銘柄は売買停止

~~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~~

なお、GMOクリック証券は、2011年10月末日をもって「ジャパンネクストPTS」から脱退しました。詳細については、下記リンク先の記事をクリックしてください。

GMOクリック証券、夜間取引(PTS)サービスを終了

また、楽天証券は、「ジャパンネクストPTS」の夜間取引が再開しても、再度参入するか判断しかねているようです。楽天証券は「当面の間、PTS取引(夜間取引)サービスを休止する」と発表しています。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

▼楽天証券ウェブサイトより

■PTS取引(夜間取引)サービス休止のお知らせ

PTS取引(夜間取引)サービスにつきましては、SBIジャパンネクスト社より2012年1月下旬に再開する旨の通知がありましたが、この度、楽天証券においては、当面の間、PTS取引(夜間取引)サービスを休止させていただくこととなりました。

PTS取引(夜間取引)でのお取引をご希望なさっているお客様におかれましては、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

▼関連記事

マネックスナイター(夜間取引)が終了 (2011年12月上旬)

カブドットコム証券、私設取引システム(PTS)を終了。 2011年10月末に

SBI証券、「SBI PTS」の手数料を改定

SBI証券、SOR注文のサービスを開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで、1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする